SCENARIO WRITERS.
MOVIE DIRECTORS.

ACTORS.

脚本家コース
映画監督コース
​俳優コース

宿毛映画塾

SUKUMO-EIGAJUKU



2019年8月
​(第三期)

Summer Seminar in Sukumo,KOCHI

NEWS!
Film Making
宿毛市ってどこ?

Not Such a far away ?

 

宿毛市ってご存知ですか?:
「やどげ」じゃないです。
すくも」市って読みます。

 

四国、高知の西の端の宿毛市、人口二万人弱。
​土佐くろしお鉄道終点・宿毛駅。
宿毛湾では、11月中旬から2月中旬にかけての期間中わずか20回程度しか観ることができない、日本中からカメラファンが集まってくる「だるま夕日」現象があります。夕日が海面に沈む際に繋がって見える現象です。



宿毛湾から離れた山奥の廃校を利用した宿舎を利用して行うのが宿毛映画塾です。
​思う存分大きな声で演じることもできますし、創作活動も集中できる絶好の環境です。
​なぜ、宿毛で?それはここから








塾長の松岡がプロデュースしたわけではありませんが、過去には、高知県出身人気漫画家西原理恵子さんの「パーマネント野ばら」の映画化時に宿毛市は、撮影舞台となりました。菅野美穂さんが主演でした。

三期生募集開始します!

みなさん、ぜひともご検討ください!

 

 → エントリーフォーム

残暑厳しい8月末からのスタートになります。
しかも高知、ご存知のように暑いです!
期間中の切磋琢磨感がさらにそれを煽ります。
山の中に押し込められて観光気分ももてません。
阿呆のように書く・演る・作る、

寝ても起きてもただただ映画漬けの6日間です。
そんな阿呆のような体験を

人生の中に一瞬持ち込んでみませんか。
その一瞬が思いの外

足跡を残すことがあるやもしれませんよ!


 → 続きはこちら
 

三回宿毛映画塾開講決定!!

2019年7月3日

今年も開講が決定いたしました!
期間は8/29~9月10日です。
昨年、一昨年同様

脚本・俳優・監督の3コースです。
脚本コース 8月29日~9月3日
俳優コース 9月3~8日
監督コース 9月5~10日
いずれも講義開始日前日宿毛移動・泊、

講義終了日翌日の帰り。
高知県民割、リピーター割、学割など

様々な特典を用意しています。
また今年の各コースゲスト講師陣も

決まり次第報告します。
その今年の応募方法など随時更新していきます!

応募締め切りは
脚本コース 8月20日!
俳優・監督コース 8月26日!

皆さん、お待ちしてます!!

第二期の実習作

ついに完成!!!

2019年5月16日

脚本は一期で「なくしもの」の監督を務めた

山下量子さんが今回は脚本コースでの参加で

射止めました!

監督は今回の第二期の最年少の

寺原侑希君が務めました!

美しい宿毛の海景、

懐かしい風景もお楽しみください!

​ 

宿毛映画塾第二期修了!!

2018年10月16日

二週間ちょっと続いた
映画塾が全コース終了しました。

期間中、市、山里の家・楠山地区、
宿毛市民の皆さまには大変お世話になりました。
心より感謝いたします。

 

そして、この過酷なスケジュールを

乗り切ってくれた受講生のみんな、

本当にお疲れ様でした。
みなの頑張りはすさまじかったです。

まさに書くことに、演じることに、作ることに、
と格闘している様子でした。

そして皆のそんな姿を見て

まず僕が感動していました。

一番近い客であろう僕を

感動させられたということは、
必ずそれ以上遠い人間にも伝えられるはずです。
皆、それができるんだ、ということを確証して
宿毛の地を後にしたはずです。
それは勘違いではない。

 

日常の喧騒に戻って
そのこと自体もフィクションの出来事だったか?
と思ってしまう瞬間があるかもしれないけど、
それは紛れもなくリアルとして
互いが感じ取った成果であり、成長です。
それを信じてあげてもらいたいと思います。

塾生諸君、また必ず互いのフィールドで会おう。

 

そしてまたこの時の話などもしながら、
引き続き切磋しあおうではありまでんか。

皆さま、本当にお疲れ様でした。
そして本当にありがとうございました。

宿毛映画塾 主宰・塾長 松岡周作

主宰 松岡より

2018年9月26日

先週末脚本コースの募集が締め切られ、

定員が埋まりました。

俳優コース、監督コースはまだ空きがあります!

僕は東京でも専門学校の講師をやっていますし、

俳優のWSもやっています。

ではなぜわざわざこんな遠い、ちょっと長い、

しかもちょっと高い・・

なんで四国の端の端で塾など・・?

と思われると思います。

理屈で考えるとその通りです。

でもその遠さも長さも高さも

東京では味わえません。一種の旅です。

旅をしない書き手も演者も

クリエーターも増えました。

PCやスマホの画面見て行った気やった気

勉強した気になっている「表現者」の

なんと増えたことか、と苦笑してます。

もちろん、私見です。

じじいの戯言の種類でしょう、実際(笑)

でも敢えて言います。

見聞、肌感、空気・・

感じ取る分量と質が未熟な表現者に

見る者の心を揺さぶれるはずがない。

これじゃなくてもいいので、

特に若い方は旅をしてください。

あ、これをきっかけにしてもらうことがあれば

なお幸いです(笑)

---------

緊急告知!

追加募集決定です!

2018年9月15日

締め切りまでに色々クリアしていただき

エントリーしていただいた皆さま、

本当にありがとうございました。

松岡及び関係者、皆さまの期待に応えられるよう

心を新たにした所存です!

が、各コースまだ若干の空きあります。
そこで、追加募集します!!

新たな募集期間は脚本コース9月21日まで、

俳優・監督コース9月28日まで!


期日までの締め切りを遵守し、

ご調整・ご入金いただいた方には

大変申し訳ありません。

心よりお詫び申し上げます。

もう少し、新たな力と出会える猶予(?)

をいただきたいと思います!!

---------

脚本コースゲスト講師決定!

2018年8月09日

脚本コースのゲスト講師が真辺克彦氏に決定しました!

真辺氏は2015年大ヒットした「ソロモンの偽証(前・後編)」の脚本家で、同作において第18回菊島隆三賞を受賞しています。

 

松岡とは真辺氏の長編デビュー作である「スリ」(黒木和雄監督)やTVドラマ「Quartetカルテット」(有名じゃない方・笑)、他何本かご一緒させていただいてます。

 

ご両親が高知県出身という遠からぬ縁もあって(?)今回のオファーを快諾してくれました。

骨太で人間の洞察力が鋭い、素晴らしく凄まじい脚本家です。

 

写真だけ見るとちょっと怖いかもしれませんが(?・笑)、優しく親切丁寧に指導してくれます!

ぜひ真辺氏のホンモノ感を肌で感じてみてください!

---

Sukumo-Eigajuku2018 Start !
第二回映画塾開催決定!!
2018年7月23日
 

第二回宿毛映画塾を今年も開催します!


昨年の第一回は真夏の期間での開催でしたが、今年はやや秋風も立ち始める頃の10月4日から始めます。


二期生の募集を始めますので、皆さんぜひ参加してください

昨年は色々な試行錯誤の中始めましたが、脚本コースの受講生は全員生まれて初めてシナリオを書く、という大チャレンジの中見事に短編のシナリオを脱稿してくれました。


俳優コースも何本もの覚えなくてはいけないシナリオと期間中悪戦苦闘しながら、素晴らしい成長を遂げてくれました。


監督コースの受講生はいつもは自分で書いたシナリオを映像化している自主作家が多かった中、シナリオコースの受講生が書いたシナリオをかみ砕き自分のものにし、俳優コースの受講生をオーディションし共に考え様々なトライをし、しっかりと1作品を世に送り出してくれました。​

また何よりもこの四国の最西端の自然の中、一期受講生たちはほぼ全員が「何もないと思った宿毛に本当に色んなものがあった。また絶対に訪れたい」と口をそろえてくれました。


去年はチャレンジだったこの塾ですが、今年はある確信とまたそれ故の新たなトライで更に濃く深く楽しいものにしていきたいと思っています。

また今年の俳優・監督コースのゲスト講師には「時をかける少女(2010)」「シグナル」の谷口正晃監督に担当して頂くことに決定いたしました。


鋭い洞察力、確かな演出で定評のある谷口監督が宿毛の地で熱く、深い講義をしてくれるはずです!

10月、とは言ってもまだまだ暑い南国土佐・宿毛で熱い映画人として共に過ごしましょう!


宿毛映画塾主宰・塾長
映画プロデューサー
松岡周作

 

宿毛映画塾 塾長 松岡周作より
 求められる

映画人とは?
 

 

映像メディアがどんどん多様化していく中、作る・演じるも様々な形を求められる時代になってきました。

リアリティがなくても漫画チックに成立させたいコンテンツや、普遍ではなく視聴環境に合わせて仕上げていかなくてはならないコンテンツ、またテレビドラマに至っては放送局やOA時間帯、映画でもシネコン上映作品か単館上映作品かによっても求められるものが違ってくるという時代に突入している感があります。

大変な時代だな・・・特に演者は(苦笑)と感じます。

ですが、そんな時代である時、表現者はどこをベースにしていけばいいのでしょう。 (続きはこちら

宿毛映画塾 塾長 松岡周作とは?
 

 

 

 

 

映画プロデューサー、脚本家。
伊参スタジオ映画祭発起人・審査員。
1966年高知県宿毛市生まれ。
映画の配給宣伝を経て92年NCP製作『お墓と離婚』で制作部として活動開始。

制作主任、制作担当を経て94年『Young&Fine』でプロデューサーデビュー。

小栗康平監督作品『眠る男』の制作主任として、伊参スタジオの発起に携わる。
その後、篠原哲雄監督『月とキャベツ』、黒木和雄監督『スリ』などをプロデュース。

また来年秋公開・山崎まさよし主演の新作「影踏み」が控える。

「洗濯機は俺にまかせろ」(篠原哲雄 監督)では初めて脚本を担当。以降主な脚本作品(PN元優名義含む)として「Jam Films S~すべり台~」(アベユウイチ 監督)、「誘惑を売る女」(TBS連続ドラマ)、「結婚させてください!~愛とトマト~&~男はつらいのね~」(NOTTV連続ドラマ)。

 

​(Movie Walker)1997年から2016年までで、全39作品に携わる。

宿毛市ふるさと納税PR動画
「ぬっくいね~小夏と直七の物語~」では

脚本・監督・プロデュースの三役をこなす。

(松岡周作プロフィール

※ ​松岡周作FACEBOOK

短編映画制作します。

期間中、短期間ではありますが、今回の志望者による一連のショートフィルムの製作が行われるプログラムです。脚本家が書いたシナリオを、俳優が演じ、監督が指揮をとります。つまり、短期間で、映画の最初から最後までの流れをすべて学ぶことができます。

​『高知新聞』(2018/10/19)に掲載されました。