​菅野友恵プロフィール

脚本家

菅野 友恵

かんの・ともえ

大学卒業後、アシスタントプロデューサーとして『初恋』(06/塙幸成監督)などに携わる。

また、NHK『WILD LIFE~国境なき獣医師団RED』の製作に参加。

 

脚本では、「週刊赤川次郎」・『代筆』(テレビ東京系)、

「BUNGO-日本文学シネマ-」・『黄金風景』『富美子の足』を担当。

2010年『時をかける少女』(谷口正晃監督)で長編作デビュー。

 

その他、『乱反射』(11/谷口正晃監督)、

「BUNGO・『注文の多い料理店』」(12/冨永昌敬監督)、

『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督・向井康介との共同脚本)、

『MIRACLE-デビクロくんの恋と魔法』(14/犬童一心監督)などがある。

 

2015年『味園ユニバース』(山下敦弘監督)でファンタジア国際映画祭最優秀脚本賞を受賞。